ハイネケンのビールを片手にファンゾーンを巡るうちに考えた